健康で幸せな
生活のために。

胃内視鏡検査

HOME | 胃内視鏡検査

Gastoroscopy

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

 

胃や腸の内壁を検査する方法として「内視鏡検査」がありますが、どのような検査かよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。
また、体の内部に内視鏡を入れることから「なんだか怖そう・・」というイメージを持つ方も多いです。

自覚症状のない胃がん

胃がんは自覚症状が少なく、かなり進行しても無症状の場合もあります。
そのため、検査で早期発見をすることが重要です。
胃がんは早期発見すればほぼ治ります。
胃がんを早期発見する方法は胃内視鏡検査を受けることしかありません。
早期胃がんは無症状です。症状が出てしまってからでは遅いのです。
定期的な胃内視鏡検査をお勧めします。

胃がんは胃内視鏡検査でほぼ防ぐことが可能です

胃がんを引き起こす原因の90%はピロリ菌です。
ピロリ菌に感染すると胃粘膜が炎症を起こし、胃の痛みや不快感、嘔気を伴う慢性胃炎や萎縮性胃炎と呼ばれる状態へ進んでいきます。
この萎縮性胃炎は「前がん状態」と言われ、胃がんの発症リスクが非常に高い状態です。
そして日本人の胃がんの99%にピロリ菌が関与していることがわかってきました。
胃がんの発症を防ぐ意味でも、ピロリ菌の除菌が推奨されるのです。
 

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ検査)の特徴

当院での胃内視鏡検査は細径スコープ(直径6㎜)を使用しています。痛い、苦しいなどのイメージを持たれがちですが、当院では苦痛を伴わないように様々な工夫をしながら検査を行っております。
胃内視鏡検査は、しっかり麻酔を効かせたかどうかで痛みの差が出てきます。
当院では時間をかけて麻酔が粘膜に広がるようにしていますので、痛いと訴えられる方はほとんどいません。痛みを伴うのは、麻酔が効いていない状態で次々と検査を進めてしまうからです。また、挿入時にもコツがあり、つらくない角度や苦痛のない体勢をつくることで苦痛を感じたり、えずいたりすることがなくなります。
嘔吐反射が強く、どうしても胃カメラが苦手という方は経鼻内視鏡がおすすめです。舌根部に内視鏡が触れないため嘔吐反射が少なく抑えられ、個人差はありますが苦痛をあまり感じずに検査を受けることができます。

当院の胃内視鏡検査内訳
  2020 2019 2018 2017

胃内視鏡件数

1461 1602 1610 1579

胃がん数

16 23 18 13

胃がん率(%)

1.09 1.44 1.12 0.82

内視鏡治療数

11 12 9 7

外科手術数

5 8 8 4

非切除数(手術不能)

0 3 1 2

どんな時に胃内視鏡検査を受けたらいいの?

✔ みぞおちが痛い、張る、ムカムカする、重い
✔ 吐き気や嘔吐が続く
✔ 酸っぱい水が上がってくる、胸やけがする、喉の違和感、胸のつかえ感がある
✔ 食欲がない、体重が減った
✔ 便が黒っぽい、貧血症状がある
✔ 健診の胃バリウム検査で精密検査が必要といわれた
✔ 胃の中にピロリ菌がいるといわれた
✔ 40歳以上で一度も胃カメラ検査をしたことがない方
 
上記の症状でお悩みの方は胃内視鏡検査を受けましょう

胃内視鏡検査の流れ

まず、胃カメラ検査を受ける日時を決定(予約)します。

直接来院や電話していただいても予約はとれますが、時期により混雑している場合があります。

WEB専用枠(24時間対応)をご利用いただけます。
早めに検査を受けたい方、お急ぎの方、ある程度日時を決めて申し込みされたい方はこちらが便利です。
当院での検査が初めての方(当院での前回検査日より5年以上経過している方)は検査3日前までに事前診察が必要です。

検査までの準備と注意事項

前日は午後9時までにいつもより少し軽めの食事をとってください。
当日は検査の2時間前までは、お茶、お水、スポーツドリンクなどの少量の飲水は構いません。(固形物の摂取は控えてください。)
朝絶食で来られる方も、心臓や血圧の薬は通常通り服用してきてください。
胃に空気を入れて観察しますのでお腹が張ります。当日は体を締め付けない楽な服装でお越しください。

検査前

入れ歯や取り外せる差し歯のある方は外していただきます。
鼻腔、喉の麻酔をします。麻酔薬を注入しますので10秒間ほど喉の奥に溜めてから飲み込んでください。麻酔が効くまで10分間程度待ってから検査を開始します。

検査中

左横向きになり、両膝を曲げた姿勢で行います。
お腹が膨らみますので、締め付けている着衣(ベルト・ボタンなど)は緩めてください。
検査中は体の力はできるだけ抜くようにしてください。深いため息をつくと自然と力が抜けます。
げっぷをすると胃の中の空気が抜けて観察が難しくなります。できるだけげっぷをしないようにこらえてください。
所要時間は5~6分程度ですが、病理組織検査(生検)により少し時間がかかることがあります。

検査後の注意事項

検査後約1時間(鼻腔、喉の麻酔が切れるまで)は絶食です。その後まず水分を摂取していただき、ムセがなければ食事をとっていただいて結構です。
検査の結果は終了直後に説明します。ただし、病理組織検査(生検)を行った場合、その結果は後日(2週間後以降)となります。
詳しく説明を聞きたい方は外来診察時にご説明します。
検査後、気分の悪い方、ふらつきのある方はベッドで休んでもらい、回復を確認後に帰宅していただきます。
検査の結果、ピロリ菌感染症が疑われる場合にはピロリ菌検査をお勧めする場合がございます。あらかじめ時間に余裕を持ってお越しください。

胃内視鏡検査料金

  1割負担 3割負担 自費診療
検査(胃カメラ)のみ 約1,500円 約4,500円 約15,000円
検査+病理組織検査 約3,000円
約9,000円 約30,000円
検査+ピロリ菌検査(尿素呼気試験) 約3,500円 約10,500円 約35,000円
検査+病理組織検査+ピロリ菌検査(尿素呼気試験) 約6,000円 約18,000円 約60,000円

胃内視鏡検査料金

  1割負担 3割負担 自費診療
検査(胃カメラ)のみ 約1,500円 約4,500円 約15,000円
検査+病理組織検査 約3,000円 約9,000円 約30,000円
検査+ピロリ菌検査(尿素呼気試験) 約3,500円 約10,500円 約35,000円
検査+病理組織検査+ピロリ菌検査(尿素呼気試験) 約6,000円 約18,000円 約60,000円