健康で幸せな
生活のために。

よくあるご質問

HOME | よくあるご質問

よくあるご質問

健康保険証を忘れずにお持ちください。お持ちいただかない場合は自費診療になります。
なお、再診の方でも保険証が新しくなった場合、月初めの受診時には保険証の提示をお願いしております。

診療時間内であれば随時受付しております。
受付順番制(順番待ち制)となっておりますので、窓口へ直接来院されるかWEBまたはLINEでの受付をお願いします。
ある程度日時を指定して受診されたい方は時間帯予約もできます。予約ページよりお申込みください。
検査や健康診断・人間ドック、予防接種は予約制です。WEBまたはLINE予約、お電話でお問い合わせください。

呼び出しされたときに院内におられなくて、あとで来られた場合は、順番の途中に割り込む形になります。そのため、順番で呼ばれるときよりも待ち時間が長くなる場合もあります。

当日中であれば、診察の順番に割り込む形でお呼び致します。例えば、午前の順番に並んだけれど午前中に来られない場合、午後の診察へ振り替えとなります。当日中に来られない場合はキャンセル扱いとなります。

お電話での受付は行っておりません。必ず窓口へ来院されるかWEBまたはLINE受付をご利用ください。

現在、以下のワクチンを取り扱っております。

・季節性インフルエンザワクチン(10月~)
・肺炎球菌ワクチン
・MR(麻疹風疹混合)ワクチン

予約制ですのでご予約をお願いします。

申し訳ございませんが、当院ではクレジットカードはお使いいただけません。
現金でのお支払いのみとなります。(人間ドック・健診は各種クレジットカード、電子マネーでお支払いできます。)

日本ヘリコバクターピロリ学会ではピロリ感染胃炎は全例除菌治療を推奨しています。除菌により胃がんの発生を抑制できることが明らかですので、ピロリ菌除菌治療を受けることをお勧めします。
6か月以内に胃内視鏡検査を受けられていない場合は、胃内視鏡検査が必要となります。

ピロリ菌の主な感染ルートは経口感染です。再感染率は1%程度で上下水道の衛生環境が整っている現在の日本では飲料水を介する感染機会は少ないと言われています。
ただし、除菌後に胃がんが発見されるケースもありますので、除菌後も1年に1回程度の定期的な胃内視鏡検査が必要です。

便潜血反応は大腸がんやポリープの表面からの出血をみています。しかし、毎回出血するわけではありません。陽性なら異常、陰性でも安心はできないというのがこの検査です。したがって「再検査で陰性だったから大腸がんではない」とは言えないのです。
1回でも陽性が出たらきちんと精密検査を受ける必要があります。

まず、大腸ポリープは、「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」の2つに分けられます。非腫瘍性ポリープの大半は心配がなく、切除の必要はありません。他方、腫瘍性ポリープは良性と悪性に分けられ、悪性はいわゆる大腸がんが含まれます。良性であっても大腸がんになる可能性があります。

いいえ。良性ポリープでも放っておくと、がんになるリスクを持っています。そのため、内視鏡検査で腫瘍性ポリープが発見された場合は、基本的に良性・悪性を問わず切除を行います。ポリープ切除をすることで、大腸がんの発生の抑制と死亡率を低下させることができます。

当院では日帰りでの大腸ポリープ切除を積極的に行っております。
基本的には検査と同日に内視鏡検査の流れでポリープ切除を同時に行いますので、ポリープ切除をするために入院する必要はございません。
ただし、抗凝固薬(血液を固まりにくくする薬)や抗血小板薬(血液をサラサラにする薬)を服用中の方や大きなポリープや多数のポリープを認めた場合、粘膜深層まで入り込んでいるがんが疑われるなど入院が必要と判断される場合には専門施設へ紹介いたします。

ポリープ切除中、切除後も全く痛みはありません。
痛みが心配という方もいらっしゃると思いますが、内視鏡で治療する際、患者様に痛みはありません。また、切除後も痛みはなく、若干の制限はありますが変わらず日常生活を送れますので、安心して治療をお受けください。

大腸ポリープの内視鏡切除は日帰りで行えるほど侵襲が少なく、安全性の高い手術です。ただし手術である以上、術後出血・穿孔などの合併症のリスクをゼロにはできません。
大腸ポリープの切除を行った際、切除でできた傷は約3週間程度で治癒します。その期間は、出血や穿孔といった合併症が起こる可能性があります。合併症を起こす可能性は術後1週間以内が最も高く、それから徐々に低下していきます。術後2週間程度、運動や飲酒、長距離移動を控えることでリスクを低減できます。

切除したポリープは、病理学的検査を行います。それにより良性か悪性か診断されるのです。結果によって今後の方針が変わるため、2週間後の診察にはきちんと来ていただきたいです。根が深いがんだった場合などは、追加治療が必要になる可能性もあります。

診療カレンダー

 

代診・休診のお知らせ

【診療案内】
06/03(金)午前 鶴谷先生
06/13(月)午後 冨樫先生
06/18(土)午前 冨樫先生
07/01(金)午前 鶴谷先生
07/11(月)午後 冨樫先生
07/16(土)午前 冨樫先生
08/05(金)午前 鶴谷先生
08/08(月)午後 冨樫先生
08/20(土)午前 冨樫先生
09/02(金)午前 鶴谷先生

【休診案内】
07/18(月)
08/11(木)
08/13(土)
08/15(月)
08/16(火)
09/19(月)
09/23(金)
09/24(土)

診察時間のご案内

 

診察時間
9:00 - 12:00

16:00-18:00

担当医師
〇 稲庭謙一 院長
★ 稲庭圭一
 
△ 第1金曜日 循環器内科
※ 月1回(不定期)、月曜午後、土曜日の診療は代診の先生の診察となります。随時お知らせいたします。

胃内視鏡検査の予約・変更は診療時間内にお越しいただくかまたは電話でお願いします。
当院での検査が初めての方は、事前診察が必要です。

大腸内視鏡検査は診察後の予約となりますのでご了承ください。

休診日:水・土曜午後、日曜祝日

 午前   9:00~12:00
 午後 16:00~18:00
*土曜日は 9:00~13:00